Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


万喜日記 -Maki Nakajima Official Blog-

 
<< 久し振りのシカゴ | main | Lego Land Chicago >>
シカゴのお宿、老舗ホテル ドレイク
子連れで滞在が長い場合、コンドミニアムを借りる事も多いですが
今年のシカゴ行きが決まったのが直前だったため、
良い物件は何処も早い段階で一杯。

夏のシカゴは、とっても人気なんです。

ホテルを探すと、シカゴらしい、ミッドセンチュリーモダン インテリアや
上品でありながら華やかなインテリアの
新しいお宿が沢山増えていました。

とっても興味はあったのですが、なんとなく冒険する気にはなれなくて
3年前に1ヶ月以上過ごしたドレイク ホテルに戻りました。



コンシェルの方も顔見知りの方が健在で、
以前と同じスイートルームをご用意してくださいました。



リビングからはミシガン湖が一望。
シカゴで一番贅沢な眺望です。
というのは、この景色が有るのは、
このホテルの並び250mほど5、6棟のマンションのみ(憧)
全て築50ー80年経つのに5億〜10億の物件ばかり。



ベッドルームもリビングと同じように広く天井も高く
穏やかな気持ちになります。



お写真では全てを写しきれませんが
このベットが軽く2台置けそうなくらい広いんです。今はここに、クリブとローラウェイ ベッドが入ってます。

このお部屋の一番気に入ってる処は、大きなジャグジー
私と子供達が全員入れます。

子供達が寝静まった後、一人でゆっくりとお湯に浸かり、
本を読んだりして、リラックスしています。



エントランスの生花アレンジには毎回圧倒されます。
良いアロマが充満していて、とても癒やされます。



今日のアレンジはトロピカルな夏のイメージですね(*^^*)

こんなに素敵なホテルでも、現在は資本がヒルトンの傘下にあるため
カジュアルなツアー客らしき人で混み合ってます。

余談ですが、ヒルトン参加のホテルはダウンタウンに10以上ありますが
その中でも、ヒストリカルでシカゴを代表するホテル
パルマーハウス と ウォードルフ アストリアもヒルトン グループです。

暖かく迎えて頂き、ちょっと凹み気味だった心が晴れました。
今年の夏は移動が多くて6月のイタリアも数えると2ヶ月以上のホテル住まい。家が恋しいです。

気をとりなおして、久しぶりのシカゴを探索して楽しみます。

| シカゴ・イリノイ州生活・妊娠出産育児 | 03:05 | - | trackbacks(0) |
http://blog.makinaka.com/trackback/1061673


HOME  |  PROFILE  |  WORKS  |  MEDIA  |  GALLERY  |  CONTACT  |  LUCEL
maki nakajima web site. all rights reserved. 画像や文章の無断転載はご遠慮下さい。各種お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!