Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


万喜日記 -Maki Nakajima Official Blog-

 
<< ドバイの中心で、とんでもない年越し。 | main | 元旦の嬉しい再会 >>
ドバイ情報 タックスヘイブン投資?
さて、新年早々、またもや眠れぬ夜、
火事が治まってきたThe Addressと花火が終わったばかりの
Burj Kalfa を見ながら、これを書いています。

まだまだ煙は収まりません。



今迄、徒然なるままに気の赴くままにブログを書いてきました。
引っ越しが多く、家族と友人に向けて、私は元気です!発信をしていたつもりですが
モスクワ情報源や旅行記として見てくださってる方もいらしたりするようで
中途半端な私のブログは返って迷惑かとも思い、
昨年は何度もやめようとしましたが、良く考えたら、
長く続けてる事って、これ位しか無い?
モデルも生活芸術サロンもコンサルティングの仕事も
環境が変わる度にチェンジ。
1993年からウェブサイトを持ってますが、それも
お引越しして、ブログのお引越しも作り直しも
2度もあったんです。

なので、細々と続けていく事にしました。
今年は少しでも皆様のお役に立てる
情報を発信できたらと思っておりますので
改めて、よろしくお願い致します。



さてさて、今回は、皆様ご存知かと思いきや、そうでもない
ドバイと不動産情報などを、少しだけご紹介しますね。

先ず、この国は豊かなオイルマネーを基軸に、
石油依存型の国の成り立ちを変え、近代的国家として確立したいと、
何名かの野心家富豪の方が多大な投資(国家マネーですが)をし
砂漠に奇想天外な街を作り、外国人を呼び込もうとしたのが、成り立ち。

お陰で税金も無く(一部のツーリスト税を除き)、
街の環境は常に美しく、安全に整えられています。
空港のセキュリティーも最先端です。

次にVISAですが、他の先進国に比べて非常に入手し易く
(この国の労働力の99%は移民で成り立っています)
中東や西南アジア小国の方々が多いです。

アラブ首長国連邦は建国40年強、25年前は永住権やパスポートも、希望者に配布されたとか。
パキスタンやアフガニスタン、インド、ネパール、バングラデシュ、アフリカはエリトリア、ソマリア、エチオピア。
貧しい地域の方々が、この国の国民になっています。

今では、1億の家(マンション)を購入したら、住民権が付いてくるそうです。
(2年毎に更新が必要だそうですが)

資金運用をする場所として、昔は世間一般情報として、スイスが安全だとか言われてましたが
オフショア、タックスヘイブンと言えば、香港、モナコ、ハワイ、ケイマン島、ルクセンブルク、リヒテンシュタインや、マン島、ジャージー島、シンガポール、マレーシア、バヌアツ、そして、ドバイ(UAE)ですよね。

私のケイマン島旅行の様子はこちらから


労働力としての移住者も増えてきて、街が整えられてきて、更に富裕層獲得の為の、優遇された法律などが出来上がってきたのでしょうね。

ここでは、フリーゾーン政策というのが設けられていて、
この国に移住者が幾らお金を持ち込もうと
国は全く関与しないそうです。
しかも、不動産投資やDIFCなどの金融にも力を入れていて、
様々な優位性があるようですよ。

2002年に外国人の不動産売買が解禁され
参入が多すぎて、一度、バブル崩壊して
(ドバイショック)破綻した事を経験された方が沢山いらしたようですが
そのお陰で、法律もさらに整い
また見事に回復してきて、市場が安定し
今後の成長性も見込めるようになってきたようです。

オフプラン(購入して貸し出し、賃貸収入を得る)市場も多くて
利回りは8-13%(不動産屋さんはMax18%って言ってました)

さて、魅力的に感じてきたあなた、
では、何処に物件を買いますか?

また続きは、眠れない夜に^_−☆
| Travel to Middle East中東旅行記 | 02:14 | - | trackbacks(0) |
http://blog.makinaka.com/trackback/1061706


HOME  |  PROFILE  |  WORKS  |  MEDIA  |  GALLERY  |  CONTACT  |  LUCEL
maki nakajima web site. all rights reserved. 画像や文章の無断転載はご遠慮下さい。各種お問い合せはこちらからお気軽にどうぞ!